ものづくりコース

ものづくり

幹事大学
山梨大学
参加大学
山梨県立大学
対象者
ものづくりに関心のある学生
想定される就職先
(インターンシップ先)
電子・デバイス、鉄鋼・非鉄金属・金属、業務用機械などの製造業、印刷および情報通信業など

コースの目的

①高度な研究・技術開発能力を持って知識基盤社会を支え、②地域の文化、歴史、社会構造、経済問題等を熟知し、③俯瞰的視野からものづくり産業をリードできる、実践的な地域指向型人材を育成する。

履修モデル

● PDFファイルで表示

★は単位互換科目を表す。
※科目名の( )は、単位数を表す。

大学名 科目名
履修年次
(大学)1年次 2年次 2年次~4年次 2年次~4年次
専門基礎科目 専門発展科目 専門実績科目
(インターンシップ)
山梨大学 ①②実践ものづくり実習(1~)
①情報メカトロニクス工学実習Ⅰ(2)

①~⑤キャリア形成実習1(1~)
①~⑤キャリア形成実習2(1~)
①機械加工及び実習(2)
①ものづくり実習Ⅰ(1~)
①ものづくり実習Ⅱ(1~)
①機械加工及び実習(2)

①機械加工及び実習(2) ①~⑤キャリア形成実習3(1~)
①~⑤キャリア形成実習4(1~)
③~⑤リーダー養成特別演習1(1~)
③~⑤リーダー養成特別演習2(1~)
③~⑤PBLものづくり実践ゼミ(2)

②リーダー養成特別インターンシップ1(1~)
⑥インターンシップⅠ(1)
⑥インターンシップⅡ(1)
 ※「インターンシップⅠ」
  「インターンシップⅡ」は
  県内ものづくり企業に限る

①ものづくりに関するデザインの素養を修得する科目
②地域の文化、歴史、産業を深く知る科目
③研究、起業の企画・実施・評価のPDCAサイクルを体験する科目
④人間力、プレゼン力、コミュニケーション力、企画力、交渉力などリーダーとしての能力を磨く科目
⑤専門分野の問題発見・課題解決を身につける科目
⑥県内ものづくり企業等のインターンシップ