学長挨拶

島田学長

学長 島田眞路

 山梨大学は、「地域の中核、世界の人材」をキャッチフレーズとして掲げ、地域社会の中核として地域の要請に応えることができる人材、世界を舞台に活躍できる人材の養成を図り、社会に貢献することを目指しています。

 この度、県内の大学と横浜市立大学の連携により、平成27年度文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されました。採択事業「オールやまなし11+1大学と地域の協働による未来創生の推進」は、山梨県の人口の自然減・社会減と産業力の低下という課題の解決に、民間企業、自治体、大学、金融機関、労働界、報道機関が連携して、学卒者の地元への定着と新たな雇用の創出を目指すこととしております。

 本事業では、参加大学間で「ツーリズム」、「ものづくり」、「子育て支援」および「CCRC(継続的なケア付き高齢者向けコミュニティ)」の4つの新たな教育プログラムを設け、未来の地域を担う人材を育成することとしています。そしてこれらの分野を核に地域へ寄与することを目指しております。

 なお、本学では、文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」などを通じて、地域の発展に向けた取り組みを行っております。

 つきましては、本事業へのご支援・ご協力をお願い申し上げます。