やまなし未来計画「幸せの国デンマークに学ぶ新たな価値創造(イノベーション)」を開催

平成30年9月21日(金)・22日(土)、やまなし未来計画「幸せの国デンマークに学ぶ新たな価値創造(イノベーション)」を開催しました。

「世界一幸せな国」デンマークから、イノベーションプロセスの専門家であるピーター・フロバーグ氏を講師に迎え、「新たな価値創造(イノベーション)」についてセミナーとワークショップを行いました。

21日(金)は、山梨県立図書館において、ピーター・フロバーグ氏によるセミナーが行われ、山梨県内外の学生及び一般の皆様、およそ50名が参加しました。やまなしにおける「新たな価値創造」としてのイノベーションの可能性やその実践、さらにはそれを生み出す背景としてのデンマークの教育や文化についてお話をしていただきました。

「イノベーション」とは、新たな科学や技術、知識ではなく、新しい価値をどのように見いだすかということ、また、生産者側が何を作りたいかということが重要ではなく、消費者側が求めているものは新しいアイデア(ニーズ)であるということを、いろいろな事例を挙げて、分かりやすくお話していただきました。

講演後は、参加者からの質問に対しディスカッション形式でお答えいただきました。

講演するピーター・フロバーグ氏

熱心に聞き入る参加者

ディスカッション形式による質疑応答

セミナー終了後、積極的に質問する学生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22日(土)は、山梨学院大学50周年記念館クリスタルタワー7階にて、前日に引き続き、ピーター・フロバーグ氏によるワークショップが行われました。

およそ20名の参加者はグループに分かれて、イノベーションの基本を理解しながら、「新たな価値創造(イノベーション)」とは何かを体験しました。

ワークショップの様子

グループワーク(Post it game)

グループワーク(Interview exercise)

講師と参加者全員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1)Post it gameとは、各グループがゲームを考案し、ゲーム方法をポストイットに書き出し、そのゲームを隣りのグループに実施してもらいます。各グループからオブザーバー1名がゲーム実施状況を観察し、問題点をポストイットに書き出し、グループにフィードバックします。改善策をポストイットに書き出し、再度ゲームを行ってもらいます。1連の流れを3回繰り返し、どのように改善されているか、ゲームの目的が達成れているかを確認します。
2)Interview exercise では、参加者がペアになって、互いに最近購入したもの(食品を除く)についてインタービューをし合い、相手の価値観を探ります。

ワークショップの中でピーター・フロバーグ氏は、Post it game の「イノベーション」では近い人の反応を確認し、素早いリスポンスが要求されるということ、Interview exercise では、プロセスとソリューションは共にイノベーションであり、目的・ニーズのValue(価値)が大事なのだと語っていました。

参加者の皆さんは、この度の「イノベーション」セミナーとワークショップを通じて、地域や企業の課題を解決するための方法を学ぶことができました。