平成29年度COC+開講科目「山梨企業研究」成果発表・意見交換会を開催

平成29年9月23日(土)、山梨大学甲府キャンパスにおいて、新しいインターンシップ科目「山梨企業研究」の成果発表・意見交換会を開催しました。

この科目は、県内参加8大学の大学生を対象として、県内産業の動向やしくみ、問題点を理解し、成長を遂げている地元企業について研究するもので、文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」と甲府市「こうふフューチャーサーチ普及促進事業」との連携事業です。

本授業科目の履修学生は、7月22日(土)のガイダンスと企業経営の入門講義を受け、オンデマンド配信による事前学習を受講した後で、県内の9社の企業を視察し、各企業の社長様やご担当者様から直接お話しを伺い、その後のワークショップにて班ごとに企業の経営戦略をまとめ、成果発表会を迎えました。

発表会当日は、視察企業の社長様、ご担当者様にも出席をいただいて、各班の研究成果を発表し、担当教員、各企業からの質問と講評をいただき、県内企業への関心を深めることができました。

発表会終了後は、懇談会を行い、自由な意見交換のなかで参加学生と各企業担当者との交流を深めることができました。

3班 発表テーマ「つながる」

3班 発表テーマ「つながる」

1班 発表テーマ「ひろがる」

1班 発表テーマ「ひろがる」

2班 発表テーマ「みがく」

2班 発表テーマ「みがく」

懇談会での意見交換

懇談会での意見交換