平成29年度COC+開講科目「山梨企業研究」オリエンテーションを開催しました

平成29年7月22日(土)、甲府キャンパスにおいて、県内参加8大学の大学生を対象とした、県内産業の動向やしくみ、問題点を理解し、成長を遂げている地元企業について研究する新しいインターンシップ科目「山梨企業研究」のオリエンテーションを開催しました。

これは文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」と甲府市「こうふフューチャーサーチ普及促進事業」との連携事業で、企業が新たな事業を展開していくために必要なことを学び、さらに、それを通じて、学生自らの将来の働き方について考えることを目的としています。

本授業科目はCOC+各参加大学の単位互換制度を通じて授業科目の単位を取得できるもので、県内各大学の学生へのオンデマンド配信により学習を進めるものです。

当日は、企業の見かたについての講義と、これからの学習の進め方について説明のがあり、企業見学の班編成を行い、各班ごとに役割分担等の話し合いを行いました。

 

西久保教授からの講義

西久保教授からの講義

北村センター長からの説明

北村センター長からの説明