COC+「キックオフ・シンポジウム」を開催しました。

平成28年1月21日(木)ホテル談露館にて、文部科学省 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」キックオフ・シンポジウムを開催しました。
当日は、参加・協力大学教職員、自治体・企業関係者、一般市民のみなさまなど約300名にご参加頂きました。

第一部の全体会では、島田学長の挨拶の後、文部科学省 佐野大臣官房総括審議官(前 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長)、後藤山梨県知事(守屋企画県民部長代読)、金丸県商工会議所連合会長及び、清水山梨県立大学長よりそれぞれ抱負を語っていただきました。続いて、北村地域未来創造センター長より、事業概要について説明を行いました。

主催者として挨拶する島田学長

主催者として挨拶する島田学長

本事業への期待を寄せる佐野総括審議官

本事業への期待を寄せる佐野総括審議官

代表して挨拶する守屋山梨県企画県民部長

代表して挨拶する守屋山梨県企画県民部長

代表して挨拶する金丸県商工会議所連合会会長

代表して挨拶する金丸県商工会議所連合会会長

代表して挨拶する清水山梨県立大学長

代表して挨拶する清水山梨県立大学長

熱心に聞き入る参加者

熱心に聞き入る参加者

第二部の分科会は、第一会場「地域と大学の対話の場」、第二会場「大学COC事業からCOC+に向けて」及び、第三会場「やまなしクラウドファンディング・オープニングイベント」の三つに分かれて行いました。第一会場では、ツーリズム、ものづくり、子育て支援、CCRCコースのブースに分かれ、コース内容について説明を行いました。第二会場では、山梨大学と山梨県立大学がそれぞれブースを設け、実践している大学COC事業についての展示や説明を行いました。第三会場では、クラウドファンディング・サイト「FAAVOやまなし」の解説や、各プロジェクトの代表者が投稿プロジェクトのプレゼンテーションを行いました。

分科会の様子(ツーリズムコース)

分科会の様子(ツーリズムコース)

分科会の様子(ものづくりコース)

分科会の様子(ものづくりコース)

分科会の様子(子育て支援コース)

分科会の様子(子育て支援コース)

分科会の様子(CCRCコース)

分科会の様子(CCRCコース)

分科会の様子(山梨大学COC事業)

分科会の様子(山梨大学COC事業)

分科会の様子(山梨県立大学COC事業)

分科会の様子(山梨県立大学COC事業)

分科会の様子(クラウドファンディング)

分科会の様子(クラウドファンディング)

分科会の様子(クラウドファンディング)

分科会の様子(クラウドファンディング)

第三部の総括では、総括として「COC+事業による地方創生~山梨県の活性化に向けて~」と題したパネルディスカッションが行われ、産学官金労言を代表するパネリストからは、「各界勢揃いの『オールやまなし』での取組は画期的だ」「本事業が長きに亘り継続するよう、各機関が協力・連携すべき」など、本事業へ取り組む強い決意等が述べられました。

20160121-18

(左より)(パネリスト)酒井 信 山梨中央銀行公務・地方創生室長、中澤晴親 連合山梨会長、向山文人 山梨日日新聞社取締役論説委員長

(左より)(パネリスト)酒井 信 山梨中央銀行公務・地方創生室長、中澤晴親 連合山梨会長、向山文人 山梨日日新聞社取締役論説委員長